德永産業

お問い合わせ

お知らせ

2021.04.21

『災害救助法に基づく応急修理事業』説明会

  本日、(一社)全国木造建設事業協会福岡県協会の各連携団体で、『災害救助法に基づく応急修理事業』の説明会を開催しました。実際に、2019年に千葉県で発生した、台風・大雨の際の被災状況や、その後の応急修理の対応を学びました。近年増加しております災害が万が一福岡県で発生した際に備え、今後も当協会では、研修会・実習会等を行い、体制を整えていくようにしていきたいと思います。

※【災害救助法に基づく応急修理とは】
住宅が一定の被害(床上浸水以上の被害 ※水害の際)を受けた世帯に対して、被災した
住宅の居室、台所、トイレ等日常生活に必要な最小限の部分を、市が応急的に修理するもの。
被災された方に代わり、市が修理業者へ工事を発注し、限度額分の修理費用を支払います。
なお、限度額を超えたものについては、被災者の自己負担となります。

ページトップへ