德永産業

お問い合わせ

サスティナブル・タウン

サスティナブル・タウン いつまでも暮らしやすく次世代の子どもたちに受け継いでいく住まい

サスティナブルとは

サスティナブルとは、いつまでも暮らしやすく次世代の子どもたちに受け継いでいくことを考えた、長寿命な住まいのこと。 地球温暖化の原因になる石油エネルギーを使用することなく、太陽熱や風力など、自然のクリーンエネルギーを生かした住まいづくりを行います。

新しいサービス・技術(IOT)を取り入れ、サスティナブル住宅を発展させ続けていきます。そうした、くらし起点の画期的な仕組みが、エネルギー、セキュリティ、モビリティ、ウェルネス、コミュニティ、さらに非常時まで…くらしのあらゆる場面で『生きるエネルギー』をうみだし続けていく事です。

エネルギー、セキュリティ、モビリティ、ウェルネスなどの様々な角度から住人の快適性、地域特性や未来のくらしを考えてスマート・コミュニティライフを提案し最適な家や施設など街全体をスマート空間として設計、新しいくらしを支えるスマートインフラの最適を構築します。
「人」を中心に置いた「くらし起点」の発想とプロセスで、サスティナブルに進化していく自然の恵みを取り入れた「エコで快適」、そして「安心・安全」な生活が持続する街づくりを実現していく事です。

スマートタウンとは?

エネルギーの⼤量消費とともにCO2排出量の増加、地球温暖化が世界的な問題となっているなか、エコな住まい、環境に配慮した街づくりが注目されています。さらには、家族とともに安全で安心できる暮らしを実現するために、防災や防犯の⾯でも必要性が⾼まっています。このような課題や不安を解決に導くために、最新技術やサービスを街づくりに取り入れたものがスマートタウンです。

  • エネルギー
    エネルギーを「つくる」「ためる」「かしこくつかう」先進技術により、個々の建物だけではなく街全体でエネルギーを最適利用します。
  • セキュリティ
    ゲートや柵で街を閉ざすのではなく、道路線形や建物の配置など街づくりの工夫により犯罪を防止する、防犯性の高い街を創ります。
  • モビリティ
    欧米を中心に拡がりつつあるシェアリングエコノミーを街づくりに導入。EV自動車や電動アシスト付き自転車などをシェアすることで、利便性だけでなく、CO2削減にも貢献します。
  • ウェルネス
    子供から高齢者まで幅広く共有できるくらしの価値、それがウェルネスです。心身ともに健やかで穏やかなくらしの実現にむけて、街づくりの工夫やサービスをご提案します。
  • コミュニティ
    快適で魅力的な住環境の創出や、美しい街並みの形成、安全・安心なくらしなど、街の大切な資産を住民の皆さまとともに育ててゆきます。
ページトップへ